あさから。

本の感想、音楽の話、思ったことなど。

環境音楽を聴いてると落ち着く。

最近、メロディやリズムのある音楽を聴くと疲れてしまう事が分かったので、Youtubeで環境音楽を検索して聴いているのだけど、なかなか落ち着くことが分かったので、その紹介。

音楽の意味とは 感情と映像

音楽の力と意味について考える。 王城夕紀先生の「青の数学」という小説がとても面白いのだけど、作中に「数学って何?」と言う台詞が登場する。自分は、読みながら数学を音楽に言い換えても近いことが言えそうだと思っていた。その内に、「音楽って何?」と…

People In The Box 「ダンス、ダンス、ダンス」の歌詞を考える。

明けましておめでとうございます。 特に、新譜と関係もないけれど、ダンス、ダンス、ダンスの歌詞について。

くうきにみつると、やなせたかし先生

空気公団と倉本美津留さんで結成された音楽ユニット「くうきにみつる」の楽曲で、アンパンマンのやなせたかし先生が作詞を担当されている曲があります。 今回は、やなせたかし先生の考え方などの話。音楽の話は少なめです。

James Iha 心の弱い人にオススメのシンガー

James Ihaと言うギタリスト、シンガーソングライターの紹介です。 James Iha 日系3世のアメリカ人で、ロックバンド、Smashing Pumpkins(スマパン)のギタリストとして知られている。ソロでも活動していて、優しい低音ボイスとアコースティックなサウンドが…

空気公団 「旅をしませんか」の歌詞と、何にもないこと。

空気公団の曲、「旅をしませんか」の歌詞について思うこと。 目次 旅をしませんか 何にもないこと

People In The Box 「翻訳機」の歌詞を考える。

新譜のThings Discoveredにも収録されるということで。翻訳機の歌詞を考える。

People In The Box 「Things Discovered」 その2

続報が来たので更新。殆どピープル公式のニュースより。

宮下奈都さんの「静かな雨」が書籍化するようです。

「静かな雨」予約開始したよ!とhontoからメールが届いていました。 目次 静かな雨 書籍化 加筆あり? 時期が良い。

宮下奈都 「よろこびの歌」 感想(7) - 御木元玲(千年メダル)

宮下奈都さんの「よろこびの歌」の感想も今回でラストです。7話とも素晴らしい物語ですが、7話目はそれまでの物語が一つに繋がっていく様な感動があります。 目次 御木元玲 再び 選んだこと よろこびの歌

宮下奈都 「よろこびの歌」 感想(6) - 佐々木ひかり(夏なんだな)

宮下奈都さんの「よろこびの歌」の感想、6話目です。 目次 佐々木ひかり 冬の人 きらりとひかり 御木元玲 夏なんだな

宮下奈都 「よろこびの歌」 感想(5) - 里中佳子(バームクーヘン)

宮下奈都さんの「よろこびの歌」の感想、5話目です。 いつも通りネタバレ気味でいきます。今回は短めになると思います。 目次 里中佳子 いろんな形 感覚

宮下奈都 「よろこびの歌」 感想(4) - 牧野史香(サンダーロード)

宮下奈都さんの「よろこびの歌」の感想、4回目です。 目次 牧野史香 見える リベンジ サンダーロード

宮下奈都 「よろこびの歌」 感想(3) - 中溝早希(No.1)

一昨日、昨日に引き続いて宮下奈都さんの「よろこびの歌」の感想、3回目です。 目次 中溝早希 余生 ぐるぐる 玲と千夏 自分のため 誰かのため No.1

宮下奈都 「よろこびの歌」 感想(2) - 原千夏(カレーうどん)

前回に引き続き、宮下奈都さん「よろこびの歌」の感想です。今回もネタバレ気味で書いていきます。 目次 原千夏 かわいい 真っ直ぐ 御木元響と御木元玲 ピアノと歌 カレーうどん

宮下奈都 「よろこびの歌」 感想(1) - 御木元玲(よろこびの歌)

これから暫く、宮下奈都さんの「よろこびの歌」の感想を書いていきます。「羊と鋼の森」が沢山の人に読まれて、他の作品も気になっている方がいたら、個人的にオススメです。 高校が舞台の合唱をテーマにした物語で、何処か迷いや諦めを抱えた少女たちの成長…

宮下奈都 「羊と鋼の森」 感想。

この前、宮下奈都さんの「静かな雨」の感想を書いたのですが、今回は話題になってる「羊と鋼の森」について書いていきます。 自分もこの作品で宮下さんのことを知って、「よろこびの歌」「終わらない歌」「スコーレNo.4」等々、他の作品に触れるきっかけにな…

北星学園大学附属高校の吹奏楽部の定期演奏会に行った話

タイトルが長くなりました。正確には、「北星学園大学附属高等学校 吹奏楽部 第11回定期演奏会 に行った話」です。先月の20日ですが。 目次 開演まで 11年目らしい 全員参加なの? 眩しい 開演 明るい 打楽器、合唱 指揮 音楽

王城夕紀 「青の数学」 感想。 迷え、進め。

「青の数学」と言う小説が夏に出て、「何これ面白い」と続編を心待ちにしていたのですが、つい最近その第2巻「青の数学2 ユークリッド・エクスプローラー」という小説が発売されました。早速買って、先ほど読み終わりました。凄かった。 ちゃんとした感想は…

People In The Box 「Things Discovered」

People In The Boxの10周年記念のアルバムが出るらしいです。

宮下奈都 「静かな雨」 感想。

このブログを始めた理由の一つに、「宮下奈都さんの小説の感想を書いておきたい」というのもあって、今日、1つ目を書いてみる事にしました。 目次 宮下奈都さん 静かな雨 あらすじ 日常 迷う人 諦める人 寂しさ 博士の愛した数式 オススメです。 読後感 図書…

空気公団CMソング

空気公団の新曲がちらっと聴けます。JAバンク大阪のCMソングとのこと。 目次 いつもの感じ 曲名は?

好きなバンド・ミュージシャンの話 (10組)

好きなバンドとかミュージシャンの話です。曲自体は結構昔の物も多かったりします。

空気公団「はじまり」のLIVE映像公開

空気公団のライブ映像が公開されました。目次[:contents] オータコージさん 空気公団 - はじまり @ 森、道、市場 2016 前作アルバム「こんにちは、はじまり。」より、「はじまり」のライブ映像。演奏メンバーは空気公団の3人と、オータコージさん。オータさ…

空気公団 「コーヒー屋のおねえさん2016」

シーモアグラス20周年記念のアルバム「Sing More Songs もっとうたってよちゃん」の中に収録される模様。 目次 コーヒー屋のおねえさん2016

空気公団 「ダブル」の感想。

久々の更新。7月6日に発売された「ダブル」の感想です。 前置きが長くなってしまった。 目次 1年半ぶり 弾ける。 ダブル 1.変化する毎日 2.あなたのあさ 3.つながっている 4.失ってしまった何ものか 5.ペン 6.不思議だね 7.マスターの珈琲 8…

空気公団 「これきりのいま」

アルバム「夜はそのまなざしの先に流れる」収録の「これきりのいま」の紹介。 目次 これきりのいま

Waking Ashlandの話

好きなバンド、Waking Ashlandの紹介。

Vanessa Carlton - A Thousand Miles

Vanessa Carltonの代表曲「A Thousand Miles」の紹介 A Thousand Miles Vanessa Carlton - A Thousand Miles Vanessa Carltonという名前を知っている人の中で、この曲以外の曲を知らない人が多分9割以上だと思う。それ位に、この曲だけがあまりにも有名で、O…

People In The Box 「Cut Four」の感想。

Cut Two,Threeに続く3作目。凄いライブDVDだった。個人的に一番好き。ざっくり書きます。