読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あさから。

本の感想、音楽の話、思ったことなど。

左クリックを「無変換」キーにすると捗る。

f:id:noame:20170429203941j:plain

 最近、キーボードの「無変換」キーを左クリックに、「変換」キーを右クリックにして使用しているのだけど、とても便利。

 

 元々、「音のしないマウス」みたいな機能をPCの設定で使えないだろうかと思っていて、調べていたらキーボードをマウスに割り当てるプログラム?みたいなものがあり、使ってみたら思った以上に便利だった。

 一応、Windowsに「マウスキー機能」というテンキーをマウスに割り当てる機能もついているのだけど、それをやると右手をテンキーに置いておかないといけなくなるので少し不便。

 「無変換」キーを左クリックにすると、キーボードの標準的なポジション(左手の人差し指がFキー)に置いた時に、左手の親指がスペースキーの左側に来るので、少し左に寄せるだけで無変換キーに届く。

 右手をマウスに乗せて、クリックだけ左手でやると疲労が少し軽減されている気がする。多分、人差し指で左クリックするよりも、親指でする方が力が少なくて済むのでは?と思う。あと、カチカチ音もしないし。

 「変換」キーの右クリックは殆ど使っていないのだけど、「無変換」で左クリックするのは慣れると非常に楽なので、興味があればやってみると良いかもです。

 こちらのページから1分もかからず設定できます。戻す時は、ファイルを削除するだけ。

 

 それでは。