あさから。

本の感想、音楽の話、思ったことなど。

「三月」 聴いてほしい曲の話。

 久々に更新。タイトル通り、今、個人的に聴いてほしい曲の話です。

 三月

soundcloud.com

 この曲。「三月」という曲です。

 とりあえず、1回だけでも通して聴いてみてほしい。6分37秒あるから、今じゃなくても良いし、何なら1年後にふと思い出してでも良いので聴いてほしい。それで、良いと思ってくれれば嬉しいけど、ダメでも全然構わない。聴いてもらえただけで最高だ。

 

Calm In Rain

 そもそも、何の(誰の)曲なの?と思った方に説明しておくと、Calm In Rainっていう自分がやってるバンドの曲です。すごい個人的。

 あんまり、このブログで自分のこととか、バンドのことは書かないようにしているけど、今まで2回だけ書いたことがある。1回目はバンドの紹介をして、2回目は曲数が増えて来たから、もう一回更新した。

asakara.hatenablog.com

 この記事が、一応バンドの紹介です。

 元々、People In The Boxとか、空気公団っていうバンドのことが凄く好きで、新譜が出たりライブに行くたびにブログを書いてた。単純にピープルとか空気公団が好きすぎる故に書いていたから、「自分の話書いても邪魔になるよなー」と思って、最初の頃はプロフィールの所にだけバンドのことを書いて、特に紹介とかもしていなかった。

 それが、ピープル好きでブログを読んでくれて、ついでにプロフィールからバンドの曲聴いてくれて、ツイッターで絡んでくれる人が何人かいてくれて、すごく嬉しかった。もちろん、だからと言ってこのブログで自分(たち)のことを前面に押し出していく気は全然無かったけど、「もう少し、知ってもらえるように書いてみても良いかもな」と思うようになった。それで書いたのが、上の記事。

 自分で言うのも変だけど、良いバンドだと思う。「こんな音が聴きたいな」って言うのがあって始めたから、当たり前と言えばそうだけど、でも、それが続けていられるって言うのは当たり前じゃないなと思う。

 

アルバム

 話は戻って、三月。日本的に言うと、季節が一巡りする頃。

 この1年位、Calm In Rainとしては「アルバムを作ろう!」って言うことで活動していて、「四月」で始まって、「三月」で終わるような季節の流れのイメージを考えていた。融雪の季節。

 だから、アルバムの終わりっぽい感じ、最終回っぽい感じ、何かが終わるけどまた希望が芽吹く感じを出したいな、と思っていた。そして、この前音源の作業が終わった時に、「出来た!」と思った。もちろん、100%完璧ではないけど、自分の中で表現したいイメージがしっかり出せた。三月の陽射しだったり、融雪のイメージだったり、何かが終わっていく感じとか、始まりの予感とか。

 そういう達成感もあって、いつも以上に色んな人に聴いてほしいと思った。きっと、何百人に一人かは分からないけど、この曲が届く人がいると思う。今届かなくても、いつか届く曲が出来るように、これからまた頑張っていこう。

 そんなわけで、「三月」いつか、時間のある時に聴いてみてほしい。あと、歌詞のリンクも貼っておくので、興味があったら是非読んでみてください。

・Calm In Rain — 三月(歌詞)

 

 サウンドクラウドの音源は下のリンクから。10曲あります。

・Calm In Rain (音源)

 

 それでは!