あさから。

本の感想、音楽の話、思ったことなど。

歌詞って難しい。

  気分転換に思ったことを書く回。

  歌詞を書くのは難しい。明日、バンドのスタジオ練習で、ずっと歌詞を書いてたけど、最後の方が進んで行かない。

 多分、曲が無くて、自分でも歌わない歌詞ならすぐ書ける気がする。

 何が難しいんだろう。まず「伝えたいメッセージ」とか、「歌いたいこと」って言うのが無い。だから、曲が出来た後に、「聴いててこんなイメージが浮かぶなあ」みたいな所から、少しずつ言葉を並べていく。

 段々、頭の中にイメージが固まってくる。それを元に、何となくストーリーを考える。物語。そこが決まると、流れである程度書き進められる。

 今止まってるのはその後で、最後の最後。一番、大事な所。しっかり声を出すところでもあるから、「歌いやすさ」って言う意味でも言葉の響きは大切で、どんなイメージにしたいかって意味でも、やっぱり言葉の響きは大切だ。「ア」から始まるのと、「ガ」から始まるのだと、聴いた時に全然違う。仮に、似たような意味の言葉だったとしても。

 その上で、文字にした時の雰囲気とか、言葉の視覚的なイメージとか、色んな部分がしっくり来てほしい。今、煮詰まったのでブログの方に逃げてきた所。

 

 それにしても。ふと思う。普段、「人に話したいな」って思う事も全然無いし、人と話したくなることも少ない。けど、文章ならそこそこ書けるし、伝えたいメッセージとか、強い想いとかが無くても、ずっと歌詞は書いてこれた。

 

 少し関係ない話になるけれど、自分はド近眼だ。普段コンタクトが多いけど、たまにメガネをかけている。今日、仕事帰りにメガネを外して夜の街を歩いてみた。全部の光が花火みたいに見える。ふと見上げたら、高い木の葉っぱを街灯が照らしていて、その葉の1枚1枚がうっすら輝いていた。普段見たら、まあまあ綺麗な景色だと思う位だけど、裸眼で見たそれは、無数の小さな花火が散らばっているみたいで、暫く見惚れてしまった。写真に撮りたくなったけど、自分の目を通さないと撮れないと気付いた。

 これはちょっと大げさな例だけど、別に目が悪くなくても、一人一人見えてるものは違う気がする。その人の目を通してしか見えないものは、確実にある。

 多分、そういうことを書きたいし、音にもしたいんだと思う。自分に見えた、綺麗なものとか、或いは悲しいことでも。

 

 気分転換に8日目更新。また作業に戻ります。明日も更新できるかどうか。

 それでは!