あさから。

本の感想、音楽の話、思ったことなど。

切り替えスイッチ

 思ったこと。

  職場の飲み会、というか送別会があって、帰宅が0時を過ぎてた。

 飲み会の度に思うのは、「切り替えスイッチが欲しい」ということ。家に入った瞬間に、心の状態を凪に戻したい。

 「抱えてる闇の深さと、出す音の美しさは比例する」って言う話を、前にうちのベーシストがしていた。根っから明るい人は、演奏家に向いてないというようなことも。確かに、自分と向き合うことと、自分の出す音と向き合うことは、ほとんど同じようなこと。

 それで、自分にとって美しいと思うのは「影の中から見た光」みたいなもので。その為には自分が影の中にいる必要がある。

 飲み会の時の状態って、完全に明るい所にいる感じだから、そこから光を見たところで、何も感じなかったりする。自分もそこにいるから。

 そういう訳で、切り替えスイッチがあったら良いなと思う。最近、デジカメでAとかPとか色々変えて撮ってるけど、あんな感じに器用に切り替え出来たらなーと。

 

 頭がフワッとしているけど、意地でももう少し続けてやる、ということで10日目。短い。

 それでは!