あさから。

本の感想、音楽の話、思ったことなど。

体力と風邪の話。

 少し更新休んで、寝たり作業したりしてました。体力と風邪についての話。

 体力

 毎日更新するぞー、と張り切っていたものの、どうしても更新が日付変更付近になってしまうので、睡眠時間を圧迫してしまう。プラス、この前2日連続でジムに行って思い切り運動してきた結果、翌日「あ、もう大量が無いぞ」って気付いて、少し更新を休んでた。多分、ゲームだったら体力ゲージが赤い線1本になってたと思う。

 体力の話ついでに。昔から、外に出ると疲れやすい。「何でこんな疲れるんだろう?」ってずっと考えてたけど、最近「緊張してるのかも」と気付いた。多分、その辺に出歩く時でも、必要以上に緊張してる。人に会うとかなったら、見かけ上は普通にしてるけど、多分ものっそい緊張してる。

 そういう訳で、今年のテーマをひとつ追加。「もう少しぐにゃっとなる」を意識していく。

 

風邪

 で、風邪ではないけど風邪気味位な感じにもなり、ここ数カ月では一番心身共に弱っていた。そうなると、「音楽」がダメになる。音階とリズムがあると、頭が疲れるようになってしまう。

 大体、そういう時は朗読とか聴いてると良いのだけど、今回は人の声もダメだったので、おとなしく環境音に耳を澄ませてた。自分にとって、一番生きるのに必要な音楽は環境音だなーと改めて思った。空調の音とか、足音、車の通り過ぎる音、風邪の音etc.

 音楽って言うのか微妙だけど、そういう完全にアナログな音を聴いてると、段々回復してくる。

 風邪の話だった。スタジオジブリの鈴木さんがラジオで言ってた話。昔、物凄く忙しくて、年に1度、お正月しか休みが取れなかった時、その日をめがけて風邪をひいて、1日で直す、って言う荒業を行ってたらしい。何となく「時々風邪を引いておいた方が良い」と思ってたみたいで、それは結構正しいらしい。軽い病気をたまーにしておいた方が、大きな病気になりにくいとか。それと、風邪を引いて治ったあと、気持ちがリセットされたみたいで気持ち良いと。

 自分も、風邪では無かったけど、弱り切って寝て今復活して、何かリセットされた感がある。たまーにダメになってみるのも良いかもしれない。

 

手段と、言いたいこと

 この前写真とか動画を沢山撮ったので、それを元にアー写を描いてます。絵描くのは割と好きなので、結構楽しい。ただ、うちのバンドどういうイメージが良いんだろう?っていう悩みもあり。

 ピープルの波多野さんが「ブルーピリオド」って漫画を紹介してて、最近自分も4巻まで読み終えた。3巻で主人公が先輩の絵を見て、「言いたいこと」は変えてなくて「手段」を変えてるって気付くシーンがある。自分もふと、「言いたいこと」って何だろう?最初、心の真ん中にあったのは何だったろう?って考えるようになった。

 今は、「バンドとして音がバシッとハマって来てる感じ」って言うのを目指してるけど、その「魔法が掛かったような感覚」って、実は1回だけあった。それも一番最初。

 うちのギタリストと一番最初に顔合わせして2時間位さらっとセッションした時に、「何か今魔法に掛かってるんじゃない?」って位、しっくりくる感覚があった。そして、それ以降、まだ無い。バンドとして、あの時の感覚を越えたいなとは思う。

 言いたいこと。言語化しておいた方がよさそう。絶対、何かはあるはずで。何なのか、自分でも分かってないならきっと問題だ。

 

 そんな感じで、再び更新開始。毎日になるかは未定。でも、なるべく書いていきます。

 それでは!