あさから。

本の感想、音楽の話、思ったことなど。

眠れなくなりそうな。

 中村佳穂のライブ生中継見て、眠れなくなりそう。良かった。思ったことを書いてくだけの回。

  まず、この前「7月13日のライブ生中継します!」って言う発表をツイッターでしていて、「マジか!」ってなった。18時半から。

 いつも仕事の帰りが9時頃になる上に、基本土日も出勤してることが多いので、「土曜日かー、ムリかもなー」と思ってたら、偶然、今月唯一早く帰れる日が13日の土曜日だった。いつもバスで出勤してるけど、早く帰るために車で仕事場へ。

 18時過ぎには帰宅して、PCの前で待機。始まって、あっという間に終わった。途中でテンション上がって、何人かにラインで「今やってるライブがすごい」ってYoutubeのリンク送ったりしてたけど、第二部の、特に太鼓叩いてる辺りから見ちゃったら何が何だか分からなさそうだった。やや反省。

 ライブの感想はまあ、良いんです。あの音楽を聴くと、自分も歌ったり、演奏したくなってしまう、そういうパワーがあると思う。磁石みたいな。

 ライブ観終わった後、昔ボツにした曲の別アレンジが頭の中で鳴り出したり、ピアノで自分の曲幾つか弾いて口ずさんでたら「何かメッチャ良い曲やん」ってなったり、気分を鎮めるためにバンプの「ジャングルジム」という曲を聴いてたら、逆効果でもっと歌を作りたくなったり。藤原基央も、同じく声にパワーある人だ。

 

 「作った本人が、好きで楽しんで、情熱をこめて作ったものってね、それを見た人も楽しくなっちゃうものなんですよ」

 って言うのは漫画「ブルーピリオド」の台詞だけど。中村佳穂の一番すごい所って、「どうやったら自分をもっと楽しませられるか」を追求し続けてること。そこがブレないから、反応がどうであれ、少なくとも自分は楽しい。決して大衆受けする音楽ではないけど、そこに反応した人たちを引き寄せて、巻き込んでいける。

 

 次回の練習、もう少し先になりそうだから、ガッツリ準備して楽しみたいなーと思った。まだまだ、もっと良い音楽出来るって確信がある。

 そんな感じのひとり言でした。

 

 それでは!