あさから。

本の感想、音楽の話、思ったことなど。

【雑記】長い休日

f:id:noame:20200917195453j:plain

 このブログ、定期的に読んでくれてる人がどの位いるかは分からないけれど、お久しぶりです。明日、というか今日、4月18日から長い休日に突入するらしいので、暫しブログを再開しようかと思ってます。以下思ったこと色々。

書き方

  暫く書いてないせいで、ブログの書き方を相当忘れてる。そもそも敬語だったのかどうかとか。

 それはさておき、皆様お身体の調子は大丈夫でしたか(あれ、やっぱりこういう書き方ではなかった気がする)、僕はまあ普通に元気で、ただ例の緊急事態宣言の影響で職場が完全に休業になってしまった。

 札幌市内、相当数の商業施設が休業。多分、生きてる間にこんなの最初で最後だと思う。すごい時代に生きてる。それで、今日も仕事してたら、夕方5時頃に「明日から休み。再開日未定」って話を聞いて、「いや急すぎだろ」とは思ったけど、受け入れようと受け入れまいと休みは休みなので、家に帰って今に至る訳です。

 で、仮にGW明けまで休みだとしても3週間位あって、そうなると空いた時間が大量に出来る。これで、コロナも自粛も何も無ければ旅行にでも行ってる所だけど、家に居なきゃいけない。ほぼ。そうすると、「本を読む」「曲を作る」「文章書く」「勉強する」などやることが限られてくる。

 

どうぶつの森

 ちなみに、最近「あつまれ!どうぶつの森」始めて、借金を返すために延々木を切って椅子を作って、売り払ってる。完全なる労働者。全然ほのぼのした無人島生活じゃない。あの悪徳タヌキ野郎め。。。

 そういう訳で、明日、というか今日から生活リズムを整える意味でも、毎日何かしらブログを更新しようかと思ってます。

 多分書くであろうネタとしては、「People In The BoxのTabula Rasa」「波多野裕文ソロアルバム」「王城夕紀の天盆」「王城先生について」など。書かないかもしれないけど。

 ちなみに、この記事のタイトル「長い休日」は、米澤穂信「いまさら翼といわれても」の中の1篇から。それも、まあ、もうメッチャ良い話で。折木奉太郎って高校生が、「やらなくて良いことはやらない、やらなきゃいけないことは手短に」って省エネ主義をモットーに生きているのだけど、その奉太郎の、とある休日の1日と、「省エネ主義」っていう、「長い休日みたいな日々」を掛けたタイトルで。おススメです。

 

 何時に更新するとかは全く決めてないけど、1日のどこかで更新しようと思うので、気が向いたら覗いてみてください。

 

 それでは!