読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あさから。

本の感想、音楽の話、思ったことなど。

Vanessa Carlton  「Superhero 」

f:id:noame:20170401010344j:plain

 1stアルバム「Be Not Nobody」に収録されなかった名曲「Superhero」の紹介です。

 

 


 Superhero





 Vanessa Carlton - Superhero


 この曲は、今までリリースされたアルバムには収録されていない。元々、Rinseというデモテープに収録された音源で、そこから、1stアルバムのBe Not Nobody に収録された曲もあれば、されなかった曲もある。残念ながら、Superheroは収録されなかった。Rinseには「Interlude」と言う曲も入っていて、後に名前が変わり、「A Thousand Miles」になった。

 シンプルなコード進行と、シンプルなピアノのフレーズ、シンプルなメロディだけで構成されているけど、それでも素晴らしい。

 彼女の曲は基本的にシンプルな構成が多くて、それで表現したい世界観が表現出来ている。
 

 Superhero,
 Won't you come and take me away
 Superhero,
 Won't you come
 Save my day

 スーパーヒーロー
 ここへきて私を連れ去って
 スーパーヒーロー
 ここへ来て
 私を助けて


 Rinseを制作していた時は、まだ上手く行っていなくて、Be Not NobodyのプロデューサーのRon Fairと出会ってから漸く成功へ向かい始める。その最中の、不安を歌っていたのかな、と想像する。

 本当に良い曲と言うのは、アレンジの力を借りなくても良い曲で、そうする為にはなるべくシンプルでいないといけないと思う。素晴らしいセンスがあれば、声とピアノのフレーズだけで何処までも行ける。

 この頃の声は、まだ幼さが残っていてキラキラしてる。本当良い曲。